医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分、JRおおさか東線 JR淡路駅より西へ徒歩2分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー網膜治療

レーザー光線はエネルギーが高く直進する性質がある、単一波長の光です。そのおかげで、目の球を切らずに目の奥の眼底(網膜)の治療ができるようになりました。糖尿病の合併症である網膜症を代表とする、様々な視力を障害する網膜の病気を、失明に至らずにすむようになりました。
当院では、この眼底の病気の専門治療を行っております。目薬の麻酔をして、10~20分程度で終わります。同じ目に数回治療が必要になる場合があります。 対象とした手術を外眼手術といいます。

YAGレーザー治療

白内障手術のあと数年してから、眼内レンズの後ろにある後嚢(こうのう)が濁って、視力の低下や、目のかすみが出てくるのが後発(こうはつ)白内障です。白内障という名前がついていますが、また白内障(水晶体が濁る)が出てくるのではありません。
このレーザー光線で、後嚢に切れ目を入れると濁りが移動しますので、また見え方が良くなります。目薬の麻酔をして、10分程度で終わります。

緑内障のレーザー治療

眼球は内部に水が入っていて、一定の圧が保たれています。この水は「房水(ぼうすい)」と呼ばれ、常に新しい房水が産生され、古い房水は排出されています。ところがこの古い房水の排出路が詰まると、眼の中に房水が貯まり過ぎて「眼圧」(眼の内圧)が高くなってきます。
体質的に視神経乳頭の構造が弱い場合、眼圧の影響を受け視神経自身が弱ると「開放隅角緑内障」を起こします。視野に障害が出るか、今後出て来る可能性が高いです。視野の障害は一旦出てしまうと回復しませんので、障害の進行が遅くなるよう、眼圧をなるべく低い値にすることが望ましいです。
この治療は、排出路である「線維柱帯」という所に特殊な低エネルギーのレーザー光を当て、前房水の排出改善をします。点眼の麻酔を使用し、10~20分で終了します。
眼圧下降剤の点眼の開始時期を遅らせることや、今まで点眼薬数種類使用していた方は、点眼剤の数を減らせることが期待できます。但し、治療を受けた方の7~8割に効果が表れ、100%ではありません。

ドクターズ・ファイルに掲載されました
ご予約はお電話にてお願い致します。初診の方もご予約いただけます※診療時間内でお願い致します
問診票ダウンロード

初診の方は、事前に問診票に記入してお持ちいただくと、待ち時間の短縮になります。

〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路4-28-14
イーズメディテラス (E'sメディテラス) 2F

ご予約はお電話にてお願いいたします

teltel 06-6195-5777
診療時間
 9:00~12:00
13:00~15:30
16:00~18:30

〇:一般診(初診でも電話予約できます)
★:手術
△:完全予約診のため、予約の方が終わり次第、終了致します

休診日日曜、祝日、木曜午後、土曜午後
※学会や出張などにより、院長が休診または代診となる場合もありますことをご了承ください。
※現在、コンタクトレンズを初めて使用される方の受付はしておりません。
※メガネ、コンタクトレンズをご希望の方は、受付終了60分前までに受付をお願いいたします。

MAP
阪急京都線「淡路」駅東口より徒歩1分
JRおおさか東線「JR淡路」駅より徒歩2分
提携駐車場あり
PAGETOP
Copyright © 2021 はりの眼科 All Rights Reserved.