医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

網膜静脈分枝閉塞症

網膜静脈分枝閉塞症について

網膜静脈分枝閉塞症とは?

糖尿病網膜症と同様、眼底出血を起こす原因のひとつに挙げられ、網膜の静脈が閉塞してあふれた血液が出血となって網膜の表面に広がる疾患です。
血液の流れが悪くなると静脈からあふれた血液が網膜の表面に広がり、眼底出血となったり、網膜内に浮腫(むくみ)を起こし、視力が悪くなります。
血管が詰まる部分によって、症状は異なり、最悪の場合は、視力がほとんど失われてしまうこともあります。
年齢が高いほど起こりやすく、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症の人も発症率が高まります。
視力低下は、わずかなものから高度(0.1以下)なものまで症状により様々です。

治療

治療は症状によって異なります。
主に経過観察、薬物治療、レーザー光凝固術硝子体注射などを病状に合わせて、組合せて行います。
Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.