医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

レーザー治療

レーザー網膜治療

レーザー光線はエネルギーが高く直進する性質がある、単一波長の光です。そのおかげで、目の球を切らずに目の奥の眼底(網膜)の治療ができるようになりました。糖尿病の合併症である網膜症を代表とする、様々な視力を障害する網膜の病気を、失明に至らずにすむようになりました。
当院では、この眼底の病気の専門治療を行っております。目薬の麻酔をして、10~20分程度で終わります。同じ目に数回治療が必要になる場合があります。

YAGレーザー治療

白内障手術のあと数年してから、眼内レンズの後ろにある後嚢(こうのう)が濁って、視力の低下や、目のかすみが出てくるのが後発(こうはつ)白内障です。白内障という名前がついていますが、また白内障(水晶体が濁る)が出てくるのではありません。
このレーザー光線で、後嚢に切れ目を入れると濁りが移動しますので、また見え方が良くなります。目薬の麻酔をして、10分程度で終わります。

Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.