医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

白内障手術

当院では日帰り手術を行っていますが、入院を希望される方は関連病院にて張野院長が手術を行い、そのまま入院していただけます。
また、御希望の方には軽い精神安定剤を点滴し、不安感や恐怖心を和らげる方法を併用しながら手術を行う事もできます。
まずは院長にご相談ください。

遠近両用(多焦点)眼内レンズはこちら

白内障手術当日の流れ

1. ご来院

指定の時間に医院にご来院をお願いします。(※車を運転してのご来院はしないで下さい。) 来院後、手続きをおこなっていただき、当日のスケジュールを確認します。 手術当日、体調不良の方は無理せずお申し出ください。

2. 手術前の検査・点眼

目薬(散瞳剤)及び抗炎症剤を入れて瞳孔を開きます。 血圧測定などの検査をおこない当日の体調を確認します。 問題がなければ準備の後、手術室へ入ります。

3. 手術開始

手術自体は通常10分程度で終了いたします。

  • 1. 角膜(黒目)と強膜(白目)の間に3mm弱の切り口を作成します。

    白内障手術の流れ1
  • 2. 約5ミクロン程の水晶体の皮を円形にくりぬきます。

    白内障手術の流れ2
  • 3. 超音波装置を用い、水晶体の実の部分を砕いて、吸い取ります。

    白内障手術の流れ3
  • 4. 残した水晶体の袋の中に、人工レンズを入れ、手術を終了します。

    白内障手術の流れ4

※ 消毒等、準備時間を含めて20分程度で退室いただけます。(個人差はございます。)

4. 術後

当院にてしばらく安静にしてください。
眼軟膏を点入して透明の保護めがねを装着して帰宅していただきます。
(※翌日の診察まで、眼帯は取らないで下さい。)
術後の説明を受けていただいた上での、ご帰宅となります。

手術後のご注意

  1. 目をこすったり、押さえたり、ぶつけたりしないで下さい。
  2. 手術当日はなるべく安静にしてください。
  3. 1~2時間安静にした後、食事は普段と同じように食べていただいて構いません。
  4. 術後装着した保護めがねは就寝時も着用していただきます。
  5. 術後の点眼は翌日より指示通り開始して下さい。
  6. 入浴,洗顔,洗髪は、指示に従って下さい。
  7. アルコールは1週間は控えめにしてください。
  8. スポーツは内容により制限がありますのでご相談ください。

費用の目安

白内障の手術費用(自己負担金)

日帰り手術の場合、
1割負担の方 片眼 約20,000円
2割負担の方 片眼 約40,000円
3割負担の方 片眼 約60,000円
※費用は個人で差があります。上記金額は目安としてお考えください。
 詳しくは受付窓口にてお尋ねください。

高額医療制度

一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。
詳細は、区役所または市町村役場の各窓口でご確認ください。
申請の際、領収書が必要となりますので、手術を行う月の領収書は全て保管しておいてください。

遠近両用(多焦点)眼内レンズについて

白内障の手術では、一般的には、近く又は遠くのどちらかにピントが合う単焦点レンズを挿入しますが、この遠近両用レンズは、主に遠く(5m位)と近く(40cm位)の2点にピントが合う特殊なレンズです。

単焦点の場合より、眼鏡の必要性が減ります。しかし、すべての距離の物体が鮮明に見えるわけではなく、すべての方が、全く眼鏡が要らなくなるわけではありません。普段の生活では、ほとんど眼鏡は必要なくなりますが、新聞の株式欄のような小さな文字を見たり、針仕事をする時などは、眼鏡をかけた方が見やすい場合があります。

手術から1年後、1日の生活の中で眼鏡を使用する方の割合は、単焦点の方は100%なのに対し、遠近両用の方は5~10%と言われています。 眼鏡の掛けはずしが面倒な、ゴルフ、野外での仕事(農業、漁業)、ダイバー(潜水士)、理容師・調理師、お化粧をする時などには便利です。

しかし、以下のような欠点もあります。
  1. 人工のレンズですので、若い時のように、どこにでもすぐにピントが合うわけではありません。個人差にもよりますが、見え方に慣れるのに1~6か月と時間がかかります。
  2. 薄暗い時は、手元が見えにくくなることがあります。その時は手元を明るくして下さい。
  3. 近くでは、約40cmと、やや手元から離れた所にピントが合います。その距離に慣れが必要です。
  4. 中間(50cmから2m)は、やや見えづらくなります。パソコンなどを長時間される時は、眼鏡があった方が便利なこともあります。
  5. 夜間のハレーション(光がまぶしい、光が飛び散って見える)ことがあります。次第に慣れますが、夜間の運転の機会が多い方は不向きです。
  6. 遠近両用レンズを挿入予定で手術を開始しても、水晶体嚢(眼内レンズを入れる袋)が破れるなど、予期せぬ合併症が起きた場合は、挿入できない可能性があります。その時は、単焦点レンズを挿入します。

遠近両用(多焦点)眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療のため自費になります。
費用は43万円ですが、当院は厚労省が定める先進医療の認定施設として認められましたので、民間の医療保険で「先進医療特約」を付帯していれば、手術費用は全額給付される場合があります。
詳しくは、あらかじめ加入されている保険会社にお問い合わせください
また、手術前後の診察・検査・薬などの費用は健康保険が適用となりますので、従来に比べ患者様の経済的負担を軽減することが出来るようになりました。

外部から得られる情報の80%は眼からと言われています。 白内障の手術は、その後の見え方を選択できる一生に一度の機会です。 興味のある方、わからない事などは、お気軽に院長にご相談ください。
この説明用紙をご希望の方はコピーを差し上げますので受付にお申し出ください。

Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.