医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

翼状片

翼状片について

翼状片とは?

結膜組織が増殖し、黒目に侵入してくる病気

白目の部分を覆っている「結膜」が三角形に角膜中央へ向かって伸びてくる病気で、中高齢者の方によく見られる病気です。
三角形が翼のような形であることから「翼状片(よくじょうへん)」と名付けられました。

症状と原因

細胞の増殖ですので、見た目に充血したり、ごみが入ったような異物感を感じたりします。特に異常を感じなければ無理に治療する必要はありませんが、 黒目に侵入する部分が多くなると、乱視が起こり、視力が低下します。
はっきりとした原因はわかっていませんが、最近では紫外線が関係していることが分かってきています。

治療

現在では、進行を抑える薬はなく、症状が軽度であれば点眼薬を使用し様子を見ますが、乱視が起きていたり、根本的に治療したい場合には手術が必要です。
また、再発が多くあることも知られていますが、再発防止には切除するだけでなく、切除断端に対する細工や特殊な手術が必要です。
Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.