医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは、糖尿病の3大合併症の一つで、糖の代謝異常に伴い、目の網膜にさまざまな異常を引き起こし、視力の低下が起きる病気です。
近年、糖尿病の患者数は増え続けていますが、腎臓や神経だけでなくこの糖尿病網膜症も、「糖尿病の三大合併症」と言われるほど多く発生しています。

糖尿病網膜症

網膜はカメラでいうとフィルムのようなはたらきをする、眼底にある薄い神経の膜です。 血糖が高い状態が長く続くと、網膜の毛細血管の壁が障害されて出血を起こしたり、さらに進行すると閉塞を起こしたりします。 最悪の場合硝子体出血や網膜剥離を起こし、失明に至ります。 糖尿病になってから数年〜10年以上経過して発症するといわれており、日本での中途失明の大きな原因となっています。
初期の段階では自覚症状がほとんどなく、症状の進行に気付かずに放置してしまう事も多いため、糖尿病と診断された人は目の症状がなくても定期的に眼科の検査を受けるようにしましょう。

初期は血糖コントロールが最も重要で眼科的には経過観察が主体です。
症状が進行すると、レーザー光凝固術が必要です。レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して糖尿病網膜症の進行を阻止し、失明を予防するための最も重要な治療です。その効果は、世界中で認められ実施されていますが、進行を阻止できなければ硝子体手術が必要になることがあります。
当院では硝子体注射を使用する場合もあります。

Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.