医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

霰粒腫

霰粒腫について

霰粒腫とは?

いわゆる”ものもらい”と呼ばれる病気の一種です。

まぶたにあるマイボーム腺という目に油を分泌する所がつまり、炎症が起こって肉芽腫という塊ができる病気です。
年齢を問わず発症します。

症状と原因

マイボーム腺の開口部が炎症などで詰まることによって起こります。
麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。 普通、痛みはありませんが、まれに細菌感染を併発することがあり、その場合は痛みを伴います。

治療

点眼で治癒する場合も多いですが、大きい場合には手術で摘出する必要が生じます。
高齢の方の場合は、悪性腫瘍のこともありますので、早めに眼科を受診しましょう。
Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.