医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

網膜上膜(黄斑上膜)

網膜上膜(黄斑上膜)について

網膜上膜(黄斑上膜)とは?

大切な黄斑の前に膜が張る病気です。

目の底(眼底)には、カメラのフィルムに相当する部分があり、それを網膜といいます。 その網膜のなかでも物体を鮮明に写し出す、視力に非常に大切な部位があり、それを黄斑といいます。
その大切な黄斑の前に膜が張る病気を黄斑上膜と呼びます。 物を見る中心である黄斑の上に膜ができるため、膜越しに物を見ることになり視力が低下します。 また、この膜が収縮することによって物がゆがんで見える場合もあります。視力の低下やゆがみがひどくなれば手術があります。
Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.