医療法人 誉祐会「はりの眼科」は大阪市東淀川区、阪急京都線淡路駅 東口より徒歩1分の眼科です。日帰り白内障手術・緑内障手術・硝子体注射、外眼手術まで幅広く診療しています。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは?

加齢によって、網膜の中でも非常に大切な部位である黄斑部に障害が生じる病気です。 物を見る中心である黄斑部に異常があると、物が歪んで見えたり、視力が著しく低下したり、最悪なケースでは視力を失ってしまう事もあります。 加齢黄斑変性は、萎縮型と滲出型の2つに分けることができます。「萎縮型」は、加齢とともに黄斑の組織が萎縮し、視力が徐々に低下していくタイプで、「滲出型」は、新生血管と呼ばれる異常な血管が発生し、網膜側に侵入して障害をもたらすタイプです。

加齢黄斑変性

治療

症状やタイプによって治療法は変わりますが、光線力学療法、薬物療法、レーザー光凝固術硝子体注射等があります。

Copyright © 2018 医療法人 誉祐会 はりの眼科 All Rights Reserved.